美術和紙

美術和紙

江戸時代の越前和紙産地では、透かし紋様紙、漉き込み紋様紙(抜き紋様)、置き紋様紙(漉き掛け)あるいは皺紋加工などの技術が工夫されていました。これらの装飾加工と地紙の技法とを組み合わせたものが、いわゆる越前美術紙と呼ばれます。
当製品の表紙に使うものには、伝統的な皺紋入れ、漉き込み、漉き掛け、漉き合わせ、揉み、楮(こうぞ)黒皮入れ、金銀線入れ、落水と水流しなど複雑で多様な技法が巧みに利用されています。
参考 鳥の子紙(Wikipedia)

美術和紙 一覧

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 5商品中 1-5商品
  • 次のページ

越前和紙 御朱印帳 カテゴリー一覧